Tiempo perdido ~ futbol nota~
GONZA FAVORITO JUGADOR NOTICA~FUTBOL☆REAL情報♪ ※上のタイトルを押すとHP TOP MENUへ戻ります
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Que hora es?
Enlaces
Enlaces サッカー情報 King!
Enlaces blog
SEARCH
ARCHIVES














スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
FIFA CLUB W-CUP
クラブ地球一決定戦が終わり、LIGAも終わり、
仕事も一段落したので、やっと落ち着いて、Blogの更新ができます。(苦笑)

今回はCLUB W-CUP追っかけネタでいきます!
今年もCLUB W-CUPは南米代表がとりましたね~
LIGA&CLとここ最近苦戦モードなバルサはこのタイトルを取って勢いをつけたかったでしょうね。まぁでも、こんなハードスケジュールでは無理ですよ。
旧TOYOTA CUP(2年前までの大会)では来日後、約5日くらい調整してから、南米チームと対戦してたのに、この大会方式になってから、欧州チームは1週間で2試合もしなきゃいけない。
しかもリーグ&CLと連戦の最中に。ボロボロな体で時差とも戦い、2試合も真剣勝負をしなきゃならないなんて...なんだか拷問みたい。
カピタンやホナウジーニョが記者会見で「船酔いにあってるみたいだ」「足が思うように動かない」と語っていた時点でもうバルサの優勝はなかったのかも。

実は今回、GONZAはバルサ来日後、幾度か彼らの宿泊するHOTELへ行きました。
選手に会いたいっていうのが一番の目的でもあるけど、調整などうまくいってるかな~?と思ったりしたのもあって病弱なのにも関わらず行ってしまいました。(笑)

まず、来日後、選手はフィットネスで体を動かしたりマッサージを受けたりし、その後は時差ボケを治す為に就寝。
ですが、ほとんどの選手は時差ぼけの為に寝付くことができなかったようですね。
飛行機の中でも睡眠導入薬を使ったりして、来日後、日本の時間にうまくあわせられるようにしていたようですが、それもうまくいかなかったようです...。おいおい、バルサのメディコさん大丈夫?!ってこの話をスタッフから聞いた時に思いました。

翌日、時差ボケがしっかりある彼らなので、朝ご飯の時間にはしっかりと集合し、ご飯を食べたようです。ちなみに今回バルサご一行が食事をするレストランは完全貸し切りにしてました。
去年、リバプールが同じホテルに泊まって、同じ場所で食事をとっていたのですが、この時は完全貸し切りではなく、一部のみ貸し切りにしてました。
そしてこの日は朝、夜と2回の練習。そして、なんと偶然にもGONZAはエレベーターでモッタ&シウビーニョと会い、片言のポル語で挨拶したら、2人ともビックリしながら明るく答えてくれました。ああ、もっと勉強しとけばよかった~と思った。色々話せたのになぁ~残念。

そして選手が練習場に移動する時に一目見ようと時間を合わせてロビーで待ちました。
練習に行く時は、選手達もお疲れ気味な様子でしたね。やっぱりまだまだ時差ぼけ治らないかぁ~
ホナウジーニョの周りには4~5人のセキュリティがついてるし...なんだかすごい雰囲気だった。
なので外で待つファン達にサインを書いてあげてた選手はあまりいなかったです..。
そして、練習から帰ってきた選手達はいつものいい雰囲気で戻ってきたので良かったです!
そしてこの時、久々にハビ(サビオラ)にご対面!!GONZAの方に向かってきてくれて、サイン&FOTOをゲット!そしてこの時にもスペイン語がベラベラだったらなぁ~と思った。また少しの会話だけで終わってしまいました。はぁ。。。でもハビと会話できて嬉しかった~~ ちょっと以前よりもポッチャリしたな~と思いました。
これはその時にとったFOTOです。緊張のためブレた(笑)
200612.jpg


そしてこの日、練習後選手達は部屋からほとんど出ずにいたそうです。
やっぱりまだまだベストな体調には程遠いのだなぁ~ あ、でもチャビ&ジョルケラはスタッフとバーで飲んで?いたようです。夜景が綺麗なホテルだもんなぁ~その気持ち解る!

そして3日目。午前はオフ。夜から横浜国際で練習。18時頃ホテルを出発する時に心やさしいハビはバスの中で、自分のユニホームを持ってる人に気づいて窓を開けて受け取り、何人かにサインしてあげたそうです。毎回練習に行く度、ホテルの中、外含め200~300人くらいのファンがサインを貰う為に並んでいるけど、結局サイン貰える人って少ない。セキュリティの問題もあるけど、本当に毎回サイン争奪戦!そういった状況だからこそこういったハビの様な行動をされるとファンとしてはかなりうれしいものですよね!でも度が過ぎると良くないですが...

クラブアメリカとの試合前までのバルサの選手の様子でした。
クラブアメリカ戦までは、凄い緊迫した感じがホテルに居て伝わってきました。
一番の原因はやっぱり調整がうまくいってなかった事。バルサは「クラブアメリカは簡単な相手ではない」とかなり警戒していたようです。偶然にも、バルサの元名選手とお話をすることができて、その時「クラブアメリカはいいチーム、油断できない」と言ってました。そして一番重要な選手は「イニエスタ」だそうです。彼が今後のバルサを支えていくだろうとも言ってました。
この日の夜、GONZAは仕事しながらインテルナシオナル戦を見ました。
いや~すごいいいチームじゃない!?アレッシャンドロなんてもうかなりイキイキしてて良かったし。イアルレイもやっぱいい選手です。バルサはこのチームと戦うのか...これまでのバルサのチーム状態を見てやや不安になりました..

そしていよいよクラブアメリカ戦。
GONZAは選手バスを見送ってからスタジムへ行きました。
バスに乗った選手達はそんなにも緊張した感じはなかったです。これなら楽勝かも?!って思いました。ホナウジーニョは窓を開けてお決まりのポーズとったりしてたし(笑)そしてスタジアムに付くと、すでにバルデス&ジョルケラがアップしてました。急いでビデオを鞄から取って撮影タイム♪
そしてしばらくしてやっと出てきました~バルサ軍団!カピタンを先頭に駆け足でピッチに現れた選手達。GONZAのボルテージも一気にあがりました!
今回の私の席は2階席バルサ側だったのでアップがとてもよく見れました。
でも気のせいか?いつもよりも練習時間が短く感じました。(試合前のセレモニーのせいでしたが)でも、最後まで残ってシュート練習してたホナウジーニョが気合い十分に見えました!
そしていよいよキックオフ!
ホナウジーニョが新スパイクのせいか?足をかなり気にしてます。
他の選手達にも何度も小さなミスがあったり、足が動いてなかったり...と調整不足な面がかなり見えた。相手のクラブアメリカが思ったよりも強くなかったし、個人の力で得点を取る事ができたので、勝利したけど、決勝相手のインテルナシオナル相手に、これはかなりバルサやばいかもって思いました。

とはいえ、やっぱり初の世界一を取る為の一勝は今のバルサに良いイメージを与えたでしょう。

そして試合後、またホテルへと向かいました。
続きはまた後日!


スポンサーサイト
【2006/12/24 03:51】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
バルセロナ来日!
60_archivo55_graphic_10_1_2_20061211_Y11PORTB.EPS.jpg

いよいよバルセロナがやってくる~~!!!
土曜日のカンプノウでのソシエダ戦はハラハラした試合でしたね...
録画放送だったので、結果を見ないようにするのは大変だった...
しかも、流行にのってしまい、腹痛で苦しんでいたので、やれる事と言えばTV観戦&ネットサーフィン。ヤベッチFC見てた時、バルサの情報が流れなくて良かった~

そしてやっと今観戦しました。
ソシエダはチームが最悪な状況なもので、このバルサ戦なんだか、かなり活き込んでた
そして前半は2点も失ってしまいました...オフサイドで
グジョンセンのはオフサイドっていえば、そうっぽいけど、シャビのは違うだろ~って感じ。
奥寺さんも「わかりませんね~」とコメントしてたし。
私はオフサイドって嫌いな判定です。明らかなオフサイド、例えば体2つ分でてるとか
見てるほうにも確実にそうだ!っていうのをオフサイドにしてほしいなぁ...
そして、セビージャのチェバントンは決めた(vsマドリー戦で)ジャンピングボレー♪ホナウジーニョは決めれなかったですね...もしあれが決まってたら最高な気分で日本に来れただろうなぁ~と
でも、さすがスーペルガウショ!後半、ジュリからのパスをシュータ!(パスっぽい?)
グジョンセンは関係ないよアピールをしていたので、今回はちゃんとゴール!(ってかこれがゴールなら、前半のシャビゴールもでしょーガ!)とこのままなんとか逃げ切り、1-0で見事に勝ち点3を掴んだバルサ!!
試合終了後、ベレッチ&バルデスが抱き合って喜んだシーンは、この試合の事を物語っていたように思えました。

バルサはCLグループリーグ突破を決めるまでかなりしんどかったと思います。
そしてこれから遠い日本でTOYOTA CUPを初めて獲得する為に来日、1週間に2試合戦います。
この試合を見ていて、徐々に選手のコンディションが良くなってきていると思ったので、来日によって、コンディションを崩さないで欲しいなと願ってます。
願うのはこのままのコンディションで見れる生バルサ選手の本気な試合!!!今からとても楽しみにしてます♪

宿敵はブラジル代表のインテルナシナシオルくらいかなぁ...











【2006/12/11 13:41】 BARCA情報 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
カピタンpadre
60_archivo55_graphic_10_1_2_20061104_Y04PORTB2.EPS.jpg

カピタン・プジョルのパパが56歳という若さでこの世を去りました。
MUNDOの記事
MARCA日本語記事

このニュースを聞いたとたんに涙がでた。

誰にとってもパパという存在はかけがえのない存在である。

もし、自分のパパが事故死してしまったら...と考えるだけでもゾっとする。
現にこないだ自転車で危うく事故りそうになったという話を聞いたばかりだったし...

そんな訳で、今週のLIGAはバルサ主力を4人欠いてのvsデポル戦です。

ちょっと不安でもありますが、バルサならきっと勝ってくれるでしょう!
もしかしたら、天国からカピタンパパが運を与えてくれるかもしれないし!

VISCA BARCA!!!!

【2006/11/05 01:28】 BARCA情報 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
バルセロナvsチェルシー
g1101.jpg

この注目の1戦。GONZAもとても楽しみしてました。
だけど、内容は審判のジャッジが曖昧だったりして、選手にもラフプレーが目立ち、
タルヘタ・アマリージャのオンパレード!
MARCA一面のこのモウリーニョポーズがエンパテだけど、この試合を制したぞって感じのポーズ
いかにカンプ・ノウでポイントを取るのが難しいのかが悔しいけど伝わってきます。

...2005年にカンプ・ノウで生観戦した時、まさか毎シーズンこの対戦が行われるとは思いもしなかった。「ヨーロッパのクラシコ」と言われるようになったこの対戦は、05'1stレグ "カンプ・ノウ"でドログバがタルヘタ・ロハで退場し、2-1でバルサが勝ち、2ndレグ "スタンフォードビレッジ"ではチェルシーが4-2と逆転勝ちし駒を進めた。06'1stレグ "スタンフォードビレッジ"ではメッシへのファールでデルオルノがタルヘタ・ロハで退場し、モッタ&テリーお互いにオウンゴールを与えてしまったが、エトーが決め、1-2でバルサが勝ち、2ndレグ "カンプ・ノウ"ではデル・オルノを退場させたメッシが前半で自負退場してしまったが、ホナウジーニョが決め、後半ロスタイムにチェルシーにPKで追いつかれるも、1-1トータルスコア3-2でバルサが駒を進め、CL優勝を果たした。

そして今年、チェルシープレーヤーに退場者でるのでは?って思えるほど、前半からチェルシーのディフェンサはバルサの選手を削ってきていた。 チェルシーは削る事でバルサの攻撃を止めていた
「われわれはサッカーをしようとしていたが、チェルシーは試合を通して削りにきた。中にはわれわれの行った激しいタックルについて話を持ち出す人間もいるようだが、チェルシーはサッカーをしに来ていなかったと思う。カンプ・ノウでバルセロナに真っ向勝負を挑むのは、難しいことだと分かっていたからだろう」 モッタのコメント

以前のバルサなら太刀打ちできたかもしれないけど、今のバルサには太刀打ちできるほど、力があまり無い。なので悲しくも、バルサの選手も仕返しをするようになってしまった。

この試合の中で一番冷静に試合をしてたのはカピタン・プジョルだけだった気がする。

肝心な審判は、この対戦の前にミラノダービーをジャッジした後、この1戦を担当。
でも、いい審判なの?って感じなジャッジが多く、更にこの試合を荒れさせてた気がした。
特にA,コールへのジャッジ。誰もが2枚目のタルヘタ・アマリージャと思い、すぐにタルヘタ・ロハが出されるかと思ったでしょう。しかし、1枚目のタルヘタはなんともわかりずらい!ランパードへのタルヘタだったそうです...ってか、現地のTV局&会場内のスタッフほとんどが知らなかった
と思いますよ!それにロスタイム6分!ってながっ

とまぁ、こんなミスや、削りのオンパレードでクラシコよりも荒れたカンプ・ノウになりました。でも、今回の対戦は、グループリーグでの戦いで、それほど重要な試合でもなく、まだ2試合ある中での戦い。因縁めいた荒れた試合内容になったのは、互いの"男のプライド"がそうさせたんじゃないかと思いました。

荒れた試合だったけど、やっぱり国内NO1チーム同士の素晴らしい戦いでもありましたね。
メッシの突破やら、デコのゴラッソ~やら、ホナウジーニョの絶妙なクロスやら、素早いプレスやら、バルサもどんどん調子を戻してきてますね。エトーがもしいたら...と思った場面も多々あったけど...代役?グジョンセンもゴールを決めれて本当によかったし。
そしてチェルシー、個々の選手のレベルが高かった。特に"ドログバ" 彼は素晴らしいストライカーです。シェバが居なくても、彼がいれば得点は取れますね。
だけども、モウリーニョのコメントだけは私は嫌いですね。ほんと..いい監督だけどね。

バルサにとっては勝てた試合。もしあのランパードの変なゴールが決まっていなかったら、バルサは勝利できたかもしれません。そして審判も違う審判だったら...長~いロスタイムでドログバにエンパテにされてしまい、バルサは残り2試合、2連勝しないことには、グループリーグを突破するのは厳しくなりました。
だけどね、バルサの選手は前向きに考えています!
バルサ選手の試合後のコメント※FC BARCELONA.COMより
特にカピタン・プジョルのコメントは力強い!!さすがですね。ブレーメンは手強そうだど、バルサなら絶対勝てる!
そして決勝トーナメント出場だぁ!!!

...と 深夜から久々に燃えてしまったGONZAでした。


【2006/11/02 05:08】 チャンピオンズリーグ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
復活!?
バルセロナ復活の兆し..?!
レクレアティーボ相手にCASAカンプ・ノウで3-0で完封勝利したバルサ
火曜のチェルシー戦に向け、この勝利はクレ達を安心させたのではと思う
特にホナウジーニョにとってこの試合は自分の自信を取り戻せた試合になったと思う
recorte.jpg

先制点はPKをホナウジーニョがきっちり決め、バルサが先制(グジョンセンがペナルティエリア内で倒されPKを獲得...pero..かなり微妙な判定...)
だけど、このPKを決めるまで、試合の主導権を握っていたのはレクレアティーボでした。
キックオフ直後からバルサDFを掻き乱し、危うく先制してしまいそうな時に、運良くPKを与えられたバルサでした。
このPKが決まった後も、バルサゴールにどんどん攻めてきたレクレアティーボ
でもね、今日のバルサのCBは優秀なんですよ!
マルケス&カピタン・プジョールのあつい~壁がありますからね。
なので、前半しのげば、きっと後半バルサに追加点が入り、勝てるな!とGONZAは思った。
その通りに前半しのいだバルサ...だけどもピッチから去るバルサの選手には一部のクレからブーイングが飛んでました。ま、やっぱり攻撃に関してはちょっと不安な感じでしたからね...
そして後半、やっとバルサらしい?攻撃が見れるようになってきた。
ホナウジーニョが守備にも攻撃にもどんどん参加したり、
攻めにくるレクレアティーボの隙をついて高い位置でボールが取れるようになったり、
ブラジル人両サイドの攻撃参加、
そして、遂に追加点が生まれたのです
シウビーニョからのクロスにゴール前に走ってきたホナウジーニョがヘッドで合わせてGOL!!!
いやぁ~なんかホナウジーニョヘッドなんて久々に見た感じがした♪
PKが"与えられたもの"だったので気持ちのいいGOLでした~☆
そしてこの追加点によりノリノリになったホナウジーニョ
そしてダメ押しの追加点はこのGOL後すぐにやってきた
ベレッチからの右からのクロスにグジョンセンがDF2人を引きつけ、その後ろでドフリーになったシャビがヘッドで合わせてGOooL!!!
シャビのヘッドゴールも久々に見た感じ♪
これでもうほぼ勝利を確信したバルサは次々に選手を交代
グジョンセンに変え、ハビ(サビオラなんだかんだで結局使ってるじゃん!)エントラ
デコに変え、イニエスタエントラ
ホナウジーニョに変え、エスケーロエントラ
そして試合は3-0で終了!

やや、不安が残ると各メディアが書いてますが、GONZAはこの勝利でバルサはほぼ復活した感じがしますけど。
やっぱりね、ホナウジーニョが楽しそうにプレーしてたもん
彼を良いリズムにのせたら止める事はできませんよ
これでチェルシーとの対戦かなり楽しみになってきました!

そしてマドリーも復活?!http://blog.livedoor.jp/gonza21/archives/50835392.html※ヒムナスティックvsマドリーはこちらで書いてます♪
【2006/10/29 14:21】 LIGA試合結果 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
クラシコ
60_archivo55_graphic_10_1_2_20061023_Y23PORTB.EPS.jpg

昨日のクラシコはマドリーの復活を感じさせ、そしてバルサは完全に負け試合をしてしまった。

昨シーズンのサンチャゴでのクラシコはマドリーのチーム状態がまだ不安定だったのもあり
伝統の一戦「クラシコ」とよべる内容ではなかった
GONZAが望むクラシコって両者共に強いチーム状態であることが必須
それでこそクラシコです!

今回バルサにはエトー(怪我)、そして何故かローテション制(←これってどうよ?)でジオ&エスケーロが召集されず、そしてマルケスはベンチ..
だけども、両チーム共にほぼベストな状態で挑めたクラシコ
なので久々にクラシコと感じられた1戦でした。

ずばり
バルサの敗因は「エトー」の代わりの不在とマルケスを使わなかった事だと思った。
エトーの代わりにエントラしたグジョンセンは決定的チャンスをものにできなかった
グジョンセンと攻撃陣の息がまだあってないな~という場面も多々あったし..やっぱり三銃士(エトー、メッシ、ホナウジーニョ3人がプレーすると敬意を込めてこう表現されます)のメンバーにはなれないですね...
GONZA的には昨日のバルサのスタメンはグジョンセン使うんだったら、
ハビ(SAVIOLA)を使って欲しかった。
ライカールト曰く「彼は90分プレーできない」そうで...
だけども後半からエントラされたハビは、メッシとの相性もいいってとこも見せてたし、
それで何度かマドリーの壁を打ち破る事ができてました
チェルシー戦を見ててもグジョンセンには裏切られた感があった..
だから今回はスタメンにハビを使っていて欲しかったです

そしてローテーション制で今回DFのメンバーも代わり、
マルケスの代わりにエントラしたテュラム
彼は素晴らしい選手ですが、昨日のような大事な1戦でスタメン起用っていうのはどうかな?と思った。何度か噛み合ってない場面もあったし
というか、今のバルサにはマルケスは必要不可欠な選手だとGONZAは思う。
マルケスのいない時のバルサのDFってやっぱり不安定だし。
しかも大事な1戦でもローテション制をしてしまった監督の采配ミスだと思いました。

と..この点がバルサの敗因だと思いました。
あと、チェルシー戦でなにかを失った感じがしてしまう...
2試合連続で無得点ですからね...

そして対するマドリー
久々に完璧な試合をする事ができたんじゃない!?
やっぱりカッペロって凄いです。あんなにモロかったDF面を強靭なDFに変えてしまったし
選手の事をもきちんと考え、今ベストな布陣にする事ができる本当に素晴らしい監督なんだなと思いました。
昨シーズンのクラシコでは、ただ走ってデフェンスしてただけのラウールだったけど、昨日のラウールはきちんと考えて走る事ができてたし
これはカッペロマドリーになってきた証拠ですよ
シシーニョ、サルガドが怪我したことで、右にセルヒオ・ラモス、CBにエルゲラ&カンナバーロ、左にホベルトカルロスという布陣で2試合したけど、このほうがマドリーにはあってると思う
壁をうまくつくりながらバルサの攻撃をシャットアウトしましたからね!

そして前半早々のラウールのGOL!
セルヒオラモスからのクロスにうまく抜け出し、ヘッドでドカーン!
いやぁ~素晴らしい!ゴラッソ~でした!
1161568607.jpg

試合後のラウールのコメント
「僕らにチャンスが何回もあった。前半、彼らがプレスをかけてたけど、チームは守り方を知っていた。その逆に、僕らが試合を決めた。昨シーズン、バルセロナがベルナベウで3対0で勝ったことが普通じゃあり得ないことだと思ってる。普通は、ホームチームに勝つチャンスがあるものだ。僕らの方が優ってたね。火曜日の試合以降、平常心と自信を取り戻した。続けて行くためにはどうすれば良いのかは分かってる。」熱狂的マドリードファンより
本当に選手全員が素晴らしい仕事しましたよ!

そして昨日のMVPはグティでしたね
彼の働きぶりは本当に素晴らしかった~~
2点目もグティから生まれたGOLだったし。

本当に昨日の試合はマドリーにとって大きな自信をつけることができたのではないでしょうか

【2006/10/23 14:18】 MADRID情報 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
スペイン代表
mundo1009.jpg

ユーロ予選グループリーグ
vsスウェーデン戦は2対0でスペインは完敗。
おーいぃいい!なにやってんねん!
ラウールを召集しなかった事で、スペイン国内で大論争を巻き起こした今回のスペイン代表。その結果はこれですよ。
おまけにも、ここ最近なかなか本調子とはいえない、バレンシアのホアキンは代表メンバー&監督を批判。代表は笑いものになっている、まるでカオスだ
なんだかホアキンは最近だめだめになってきているなぁ...
そして今回背番号「7」をビジャがつけることに
そんな今回のスペイン代表先発メンバーは..
GK:カシーリャスDF:セルヒオ・ラモス、フアニート、プジョール、カプデビラ
MF:アングロ、アルベルダ、チャビ、セスク
FW:ビリャ、トーレス
といったメンバーで挑んだスペイン代表。
なんかこの面子でいいの?って感じの先発メンバーですよ..
前半早々にスゥエーデンエルマンデルに先制され、いきなり重荷を背負って試合をすることになり、リズムを崩していった感のあるスペイン代表..
後半、セスクに代えイニエスタをエントラしたスペイン
その後も51分にカプデビラに代わり初出場プエルタエントラ
58分、アングロに代わりルイス・ガルシアエントラ
早い段階でどんどん選手を代えてきたアラゴネス。
それでも、なかなか点を奪えないスペイン代表。
そして82分、スゥエーデンアルバエクに追加点を決められてしまい、結果2-0で完敗を喫してしまったアラゴネス監督..
しかも2連敗..
楽にこのグループ予選を突破できるだろうという大方の期待を裏切ってしまったアラゴネス監督は試合後の記者会見で「監督を辞めるつもりはない」とコメント。
次の試合は来年の3月。時間がたっぷりあるだけになんとかこの危機を
脱してもらいたいもんです。


【2006/10/08 19:17】 SELECTION | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • 管理人名: Gonza21
  • PROFILE
    HOLA! GONZAなりの解釈で記事を書いてます。翻訳ミスしている箇所も多々あるかと思います(汗)
    pero..."GANZA的"解釈なんでご理解してお読み下さい。
    コメント残してfutbolを語りましょう!管理人はあまりかきこしませんが...

    ■私のHP

    REALMADRID BLOG
    ギャラクティコなBlogです♪
    マドリー来日記念パーティの様子など書いてます!
    マドリー情報はこちらになります!

    BBS
    よければ足跡を残してみて下さい!
info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。