Tiempo perdido ~ futbol nota~
GONZA FAVORITO JUGADOR NOTICA~FUTBOL☆REAL情報♪ ※上のタイトルを押すとHP TOP MENUへ戻ります
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Que hora es?
Enlaces
Enlaces サッカー情報 King!
Enlaces blog
SEARCH
ARCHIVES














スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
バルセロナvsチェルシー
g1101.jpg

この注目の1戦。GONZAもとても楽しみしてました。
だけど、内容は審判のジャッジが曖昧だったりして、選手にもラフプレーが目立ち、
タルヘタ・アマリージャのオンパレード!
MARCA一面のこのモウリーニョポーズがエンパテだけど、この試合を制したぞって感じのポーズ
いかにカンプ・ノウでポイントを取るのが難しいのかが悔しいけど伝わってきます。

...2005年にカンプ・ノウで生観戦した時、まさか毎シーズンこの対戦が行われるとは思いもしなかった。「ヨーロッパのクラシコ」と言われるようになったこの対戦は、05'1stレグ "カンプ・ノウ"でドログバがタルヘタ・ロハで退場し、2-1でバルサが勝ち、2ndレグ "スタンフォードビレッジ"ではチェルシーが4-2と逆転勝ちし駒を進めた。06'1stレグ "スタンフォードビレッジ"ではメッシへのファールでデルオルノがタルヘタ・ロハで退場し、モッタ&テリーお互いにオウンゴールを与えてしまったが、エトーが決め、1-2でバルサが勝ち、2ndレグ "カンプ・ノウ"ではデル・オルノを退場させたメッシが前半で自負退場してしまったが、ホナウジーニョが決め、後半ロスタイムにチェルシーにPKで追いつかれるも、1-1トータルスコア3-2でバルサが駒を進め、CL優勝を果たした。

そして今年、チェルシープレーヤーに退場者でるのでは?って思えるほど、前半からチェルシーのディフェンサはバルサの選手を削ってきていた。 チェルシーは削る事でバルサの攻撃を止めていた
「われわれはサッカーをしようとしていたが、チェルシーは試合を通して削りにきた。中にはわれわれの行った激しいタックルについて話を持ち出す人間もいるようだが、チェルシーはサッカーをしに来ていなかったと思う。カンプ・ノウでバルセロナに真っ向勝負を挑むのは、難しいことだと分かっていたからだろう」 モッタのコメント

以前のバルサなら太刀打ちできたかもしれないけど、今のバルサには太刀打ちできるほど、力があまり無い。なので悲しくも、バルサの選手も仕返しをするようになってしまった。

この試合の中で一番冷静に試合をしてたのはカピタン・プジョルだけだった気がする。

肝心な審判は、この対戦の前にミラノダービーをジャッジした後、この1戦を担当。
でも、いい審判なの?って感じなジャッジが多く、更にこの試合を荒れさせてた気がした。
特にA,コールへのジャッジ。誰もが2枚目のタルヘタ・アマリージャと思い、すぐにタルヘタ・ロハが出されるかと思ったでしょう。しかし、1枚目のタルヘタはなんともわかりずらい!ランパードへのタルヘタだったそうです...ってか、現地のTV局&会場内のスタッフほとんどが知らなかった
と思いますよ!それにロスタイム6分!ってながっ

とまぁ、こんなミスや、削りのオンパレードでクラシコよりも荒れたカンプ・ノウになりました。でも、今回の対戦は、グループリーグでの戦いで、それほど重要な試合でもなく、まだ2試合ある中での戦い。因縁めいた荒れた試合内容になったのは、互いの"男のプライド"がそうさせたんじゃないかと思いました。

荒れた試合だったけど、やっぱり国内NO1チーム同士の素晴らしい戦いでもありましたね。
メッシの突破やら、デコのゴラッソ~やら、ホナウジーニョの絶妙なクロスやら、素早いプレスやら、バルサもどんどん調子を戻してきてますね。エトーがもしいたら...と思った場面も多々あったけど...代役?グジョンセンもゴールを決めれて本当によかったし。
そしてチェルシー、個々の選手のレベルが高かった。特に"ドログバ" 彼は素晴らしいストライカーです。シェバが居なくても、彼がいれば得点は取れますね。
だけども、モウリーニョのコメントだけは私は嫌いですね。ほんと..いい監督だけどね。

バルサにとっては勝てた試合。もしあのランパードの変なゴールが決まっていなかったら、バルサは勝利できたかもしれません。そして審判も違う審判だったら...長~いロスタイムでドログバにエンパテにされてしまい、バルサは残り2試合、2連勝しないことには、グループリーグを突破するのは厳しくなりました。
だけどね、バルサの選手は前向きに考えています!
バルサ選手の試合後のコメント※FC BARCELONA.COMより
特にカピタン・プジョルのコメントは力強い!!さすがですね。ブレーメンは手強そうだど、バルサなら絶対勝てる!
そして決勝トーナメント出場だぁ!!!

...と 深夜から久々に燃えてしまったGONZAでした。


スポンサーサイト
【2006/11/02 05:08】 チャンピオンズリーグ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
messi!!
messi0929.jpg


昨日のCLバルサはやばかった。

DFのマルケスとジオを非召集し休ませ、代わりにオレゲールとテュラムをエントラしたライカールト
しかも、何故かメッシ、シャビ、ザンブロッタまでもベンチスタート...
なのでシウビーニョ、モッタもエントラしたバルサ
対戦相手を考えてこのメンバーにしたのかもしれませんが、
LIGA勢相手に互角な戦いをするブレーメン相手だけにこの采配はいかかがなものかと思った。
ま、でもこれから長いシーズンを戦う上でこういった選手の使い方もありなのかな?!とも思った。今のバルサは2,3人主力のメンバーが抜けたって強さをキープできてるし。
とまぁどんな展開になるか楽しみに見てました。

今日のスカパー解説は原さんそして実況は倉敷さんという
なんともバルサよりな2人だったんで、試合開始前から面白トークで楽しめました♪
と、こんな素敵な2人が実況してるのに、バルサはなんだかチグハグした試合をしてました。
特にDFラインが良くなかったなぁー
センターのテュラム&カピタンのコンビ悪くないんだけど、サイドやモッタくんがちょっとねぇ...かなり疲労度あっただろうなセンター2人は。
攻撃もホナウジーニョが体調でも悪いの?って感じのパフォーマンスだったし...
と、そんな事を気にしてしまう試合展開だった。
そして後半悪夢が訪れた。
オレゲールのお粗末なボール処理でブレーメンフントにボールを奪われ、カピタンが必死にクリアしたんだけども、無情にもボールはバルサゴールへ...
あらららら
ま、1点ぐらいすぐ追いつくでしょ?選手交代でメッシ&シャビとかでてくるんじゃないの?と思っていたら
なんとエトーが負傷退場!!!
これは予想外の展開。やばいですよ、ほんとやばい雰囲気。
そしてやっとのことでメッシ登場!そしてジュリアウトでグジョンセンがエントラ
こっからいくぞ~!!!
とかなり気合いを入れて見だした。
でもやっぱりホナウジーニョがよくない、モッタもよくない、オレゲールもよくない,,,
もしかして、これこのまま負けて終わり?
と思ったとき、時既に89min
やっとバルサらしい攻撃で(というかやっとホナウジーニョが動いた)
メッシ~デコ~メッシとつないでGooooL!
ほっ。
まさにこんな感じでした。
試合はこのまま1-1で終了。バルサ危なく勝ち点0で終わるとこでした。
やっぱ、バルサベンチには一発で流れを変えてしまう超一流な選手がそろってますよ。
なんとか負けを取り戻したバルサですが、今後こんな試合はやめてほしいもんです。

そしてLIGA贅もう1チームバレンシアはCASAにローマを迎えての大切な1戦。
この試合かなり楽しませてもらいました。
supervi.jpg

結果はビジャ様~って感じで
PKを与えてしまったけど、ローマの攻撃を見事に押さえました。
いや~バレンシアまじでいいチームになったよな~
CLの時だけかわからないけど、試合前ピッチに出る直前までキケ監督は選手とずっと一緒にいて、何か相手チームから自分のチームの選手を守るかのように間に立っています。
こういった事も選手にとっていい刺激になってるのかな?とも思ってしまう。
就任してからバレンシアをいい方向に導いてくれてる監督ですよ。
これはひょっとしたら今季のバレンシアは何かタイトル取れるかもしれませんね!
GONZA大注目のチームです!
【2006/09/28 15:34】 チャンピオンズリーグ | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
バルサ~カンペオ~~~ン!
やったぜぃ!!!!2冠達成!!!!!
http://www.elmundodeportivo.es/
g0518.jpg

心に「バルサは強い」と印象を刻ませた1戦になった。
でもバルサが終始支配した試合では無かった。
前半、アンリのCKにキャンベルがヘッドで合わせアーセナルがなんと先制!その後何度もチャンスを逃したバルサ。ですがこの後、この試合の行方を決めてしまうであろう悲劇が...、ここまできっちりと仕事をしてきたドイツ人GK"レーマン"がミスを犯してしまった。エトーをファールで止めてしまい、タルヘタアマリージャで退場!!これで一気にバルサ押せ押せモードか?と思ったら...10人となり人数では劣勢なアーセナルを、崩せないでいたバルサだった...
アーセナルは「1点」をすでに取っているので、このまましっかりと冷静に守り、カウンターで追加点を狙う様な感じで試合を運んでいるように見えた。
バルサはチームの要"ホナウジーニョ"がはっきりいってあまりいい仕事ができてなかった。
FKを3度も外すし、CKもミスってたし...
「もしメッシがいたら」...と考えてしまうシーン何度かあった。
...と、なんだかいや~なムードがバルサ側に漂っていた前半。
終了間際にエトーがいい形でシュータしますが...これはスペイン人GKがしっかりと守りました。
前半はこのままアーセナルが逃げ切り、1-0で終了。
そして後半、うまくリズムを掴めないでいたバルサは開始早々に、エディミウソンに変えこの日先発予定だった"イニエスタ"をエントラ。(そうそう、イニエスタをもっと早く出して欲しかったなぁ)そしてその後もファンボメルに変え"ラーション"、そしてオレゲールに変え"ベレッチ"をエントラ。そう、この采配がドンピシャであたったんですよ!
この3人がエントラしてから、バルサの流れがガラっと変わったんです。
そして後半30分過ぎに、待望のバルサGOLが!!!
イニエスタからのスルーパスにラーションがチョンとエトーに合わせ、うまく飛び出したエトーはこれを落ち着いて決め、GoooooL!同点!
そしてこの同点でバルサは覚醒。
同点GOLから4分後、ラーションからのパスにベレッチが角度のないところから強引シュータ!
これがなんとGKの足に当たり、角度が変わってゴールネットに突き刺さったんです!GoooooL!ついに逆転!
打った本人ベレッチは「信じられない!!」って感じでピッチ外で倒れ込み、バルサの選手が上から歓喜をあげて次々に倒れこんでました。そんな中、カピタンプジョルはゴール裏のクレ達に向かってガッツポーズをし、そしてすぐにライカールト監督のところへ戻り指示を受けてました。いや~さすがだなぁ~プジョルは。
そしてこの後アーセナルは反撃にでますが、逆転された相手が悪かったです。
バルサはロンドで時間を消費し、そのままタイムアップ!バルサ優勝~~~!!!

後半、雨が強く降ってきたことももしかしたらバルサを優位にさせたのかもしれません。
そして、雨の中でも、先制されていても、いつもの「バルサFUTBOL」をきっちりとできたのが勝因だったと思った。

試合終了後、ジオ、ジュリ、バルデスは泣いてましたね。思わずGONZAももらい泣きしそうになりました。
そして、試合後の授賞式。これが一番の楽しみ!
やっぱりね、これが見たいからLIVEで見るんですよ!
でも、バルサの選手の中で一人、メダルを貰ってない選手がいたような..."メッシ"いました?
メッシがもし復帰してたらな~もっと面白い試合が見れただろうな~
そしてビックイヤー授与の瞬間。これはね、もういつ何度見てもドキドキしますね。
特に今回は大好きなチームバルサ。そして大好きなカピタンプジョルが貰うんですからね!

92d119c62ff0526cc47d20be86b58abc.jpg

ビックイヤーを掲げたプジョルはもう一生忘れる事は無いでしょう。

本当にいい試合だったな~
【2006/05/18 15:30】 チャンピオンズリーグ | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
VAMOS PARI!
mundo.jpg

やりましたぁ~~~!!!昨日のCL2ndレグ見事に完封!もうハラハラもんで見てましたぁ~
1stレグを0-1とAWAY GOLを取って終えたバルサでしたが、0-1というスコアは何があってもおかしくないスコア。
ミランは絶対に攻めてくるし、90分を守りきることっていうのは相当なパワーと集中力も必要。そして絶対に負けられないんです!この場所では!と、そんな様々なプレッシャーを見事に跳ね除け、いつものバルサらしいプレーでミランの攻撃を押さえ込んだバルサ。いやぁ~やっぱLIGA王者ですよ!
昨日の試合、バルサはオレゲール、ミランはネスタを欠いての1戦でした。ミランはにはかなり痛い欠場者でしたね...
そして、バルサはLIGAの試合を天の恵みによってお休みすることができたし。なのでバルサにとってこの試合をほぼベストな状況で戦うことができたのです。
ですが、前半は幾度もミランに決定的場面を作られたバルサ。もし、あのGOLをミランがきっちり決めていたら...もしかしたらPARIに行ってたのはミランだったかもしれません。前半はミランのものだったような気もしましたし...
そして後半、バルサはミランにボールポジを上回れてしまうほどミランにボールを持たれてました。というか、もしかしたら持たせれていたのかもしれませんね。
ですが、今期のバルサは一回りも強いバルサだったため、ミランは決定的チャンスを作ることができなかったです。

この試合を見ていて思ったこと、
バルサにはミランの選手に比べタイトルホルダ-は少ないです、でも、バルサの選手にはチームとしての自身と誇りがあり、そしてお互いのチームメイトを信じ、リスペクトしてます。
そこがこの試合でもミランに勝てた勝因でもあると思いました。
ミランの選手には互いにリスペクトする心が少ないように感じられました。やっぱりサッカーは団体競技だし、互いにリスペクトせきてこそチームプレーが生まれるし、戦術云々よりも、互いを信頼できるところで勝敗が決まるような気がこの試合を見ていて感じました。

そしてこの試合の前日にあった
ビジャレアル対アーセナル戦。
この試合、70%の確立でアーセナル優位でした。
ですが、やはり好調ビジャレアル!&リケルメ!って感じに、この試合は面白い試合になりました。
初めから守りにきたアーセナルに対し果敢に攻めたビジャレアル。
ですが、この日のスタメンフランコが幾度もチャンスを逃してしまいました。もしあのGOLが決まっていたら...もしかしたら決勝でスペイン対戦が見れたかもしれません...
幾度もチャンスを逃すフランコを見ていて、「あ~ルチョがいたらなぁ~」ってほんと思いましたね...
そして最後の最後に決定的チャンスのPKを外してしまったリケルメ。
~あのPKはきっと外すだろうなって蹴る前から思った。
もし、あのPKが決まっていたら...いったいどんな結末になっていたかな? あの試合の流れだとそのままビジャレアルが逆転勝ちしてたかもしれませんねぇ

と今回のCL準決勝は本当に最後まで目が話せない1戦になりました!

さ、今度のPARI頂上決戦はどちらに軍配があがるかな?!?
ま、きっとバルサの勝利で終わると思いますが



【2006/04/28 03:52】 チャンピオンズリーグ | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
MILANvsBARCA
いやーものすごい試合でした。
朝早くからおきてこの試合見て良かった。こんなエキサイトした試合久々に見ました!
g0419.jpg

この試合、まずCASA MILANは絶好調ピッポがウィルス性の風邪により欠場。
そしてBARCAはデコが出場停止、そしてこちらも絶好調ラーションが怪我のため欠場となり、両チーム共に若干の不安を抱えての1stレグとなりました。

キックオフ前からこの試合が激しくなると予想していたのか?ホナウジーニョの表情が硬かった。そしてプレーの方も前半はちょっと硬すぎるないかい?~って感じだった..

そして試合前半、MILANの猛攻撃をうけたBARCA。
ですが、BARCAはカピタン:プジョルとエディミルソン、そしてイニエスタがMILANの攻撃をうまく潰しました。プジョルはMILANのカピタン"シェバ"のマンマークについて、シェバに仕事をさせなかった。そしてエディミルソンはセレソン仲間の"リッキー"をマンマーク。試合前、ピッチに向かうこの戦友達は「これから90分闘う相手」としても挨拶してました。なのでリッキーはかなりやりづらかったと思います。ほとんど手の内を知られてる相手からのマンマークですからね~。結果、リッキーにほとんど仕事をさせなかったエディミルソンでした。GOOD JOB!そして、デコの不在が不安視されてたBARCAでしたが、いやいや~この人がいますから~!いや、いましたね~!って感じで十分すぎる程の存在感をアピールできたイニエスタ。彼の攻撃を潰す目はかなり冴えてました!彼抜きでこの試合は語れませんよ!いや~ほんと陰の金 y 功労者でした。
こうして守備面でもBARCAは実力NO1のクラブだと改めて思わせるプレーを見せ、前半のMILANの猛攻撃を食い止めた。
ですが、
前半13分過ぎに、2度も決定的チャンスを逃したMILAN。2度も救われたBARCA。
この日、勝利の神様はBARCAのカミセタを着てたんだと思いましたね。
ジラルディーノのシュータはポストに阻まれ、その直後のシェバのヘッドもバルデスが好セーブ!
もし、ピッポがいたら~この2本が決まっていたら~...この試合どう動いてたか...
MILANはピッポ不在がかなり影響してました。

前半はこうしてMILAN、BARCAと攻撃でも守備でも素晴らしいプレーを連発し、ファンをたのしませてくれました。これぞCL準決勝!って感じですね!

そして後半、遂に天才ホナウジーニョ&ジュリのプレーでBARCAが先制!!!
ガットゥーゾがホナウジーニョのボールを奪いに、"体当たりガッチャンチェイシング"を、ですが、なんとも凄強い!ホナウジーニョはバロンドーラーらしい(!?)体使いでガットゥーゾを征し、ゴール前に走り出してるジュリの元へ見事な縦パスを送り、そのボールをジュリがDFネスタ、カラーゼ2人を押し切りダイレクトシュータ!GoooooL!!
いや~なんていうゴラッソ~なんでしょ~~!!!
ホナウジーニョのパスも凄かったし、ジュリのシュータも、角度も、ペースもないのに、ダイレクトに決め、いや、もう素晴らしかった~♪
この素晴らしい試合にぴったりなGOLが生まれましたね。
そしてこのGOL後BARCAは次々にMILAN GOLを狙います。
そして得意のパス回しで、MILANにボールを譲りません。
MILANは途中、ピルロを下げ、マルディーニをエントラし、これ以上アウェイGOLを許さない構えに。
そして試合はこのまま「0-1」で終了。
BARCAはサンシーロで見事に勝~利 V V V!

試合後のインタビューでBARCAの選手達は
「まだ、90分残っている」とそれぞれの選手がまだまだ気が抜けないなどと慎重にコメントしてました。
そうです、今日の試合ではピッポも居なかったし、運も無かったMILAN。
この試合、BARCAはチャンスを何度もスタム&ネスタ&ガットゥーゾ達に潰されたし、シェバ&ジラ&ピッポが次は確実に決めれる位の勢いも、実力もあるし。そしてもしかすると、次の試合で優勝男"カフー"が戻ってくるかもしれないし...
BARCAはカンプノウでの1戦ですが、ベンフィカも1点取ったし、MILANはまだまだ逆転できるほどの実力がある偉大なチームです。ほんと油断は禁物ですね!
以前もイタリアのチームはスペインで逆転勝ちを数多くしてるし...
セードルフも試合後のインタビューで
「ゴールを決められるチャンスは何度もあったし、スペインではやれるはずだ。今日も十分に勝利に値する試合だったけど、先制点を許した後にもっとうまく試合を進める必要があったと思う」
とコメントしてます。
そしてリッキーも
「自分たちを信じなければならない。いくつかの微妙な差が明暗を分けた試合だったと思う。前半は相手を押し込んでいたし、後半にも幾つか惜しいチャンスがあった。スペインで何が起こってもおかしくはない。この試合は国際舞台でのダービーマッチのようなものだ。正直、個人的にはエジミウソンのマークに苦しんで前半、プレーするのが難しかった。でも(次戦)向こうのホームでもやれるって、自信を持てるよ。信じなきゃ。もう終わった、なんて思いながらバルセロナに行くのは絶対ダメだ」
とコメント。まだまだあきらめてないMILANです。

さ、
来週の水曜どっちが笑うことができるのか...
ほんと楽しみだぁ~











【2006/04/19 00:01】 チャンピオンズリーグ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
CLベスト4決定!&CLでの南米選手
やりました!!ビジャレアル&バルサとLIGA勢2チームがベスト4進出!

wvipeuf.jpg

g0405.jpg


ビジャレアル下馬評では、「バレンシアに強いインテル有利」と、ここ最近バレンシアCASAで勝利をしてるインテルが勝つのでは?などと言われてましたが、GONZAは1stレグの「2-1」というスコアで「ビジャレアル有利」と思ってました。やっぱりアウェイゴールをしてるのが勝因でもあったと思う。

そしてこの試合は南米オールスターズな両チームのメンバー。
ちなみに南米選手は..(太字は出場選手)
ビジャレアル9名(ルーチョは抜いてます)※内7名が出場
リケルメ、ソリン、アルアバレーナバルボサ、ゴンサーロ・ロドリゲス(アルゼンチン)
フォルラン、ビエラ(ウルグアイ)
セナ(ブラジル現スペイン国籍取得)
フランコ(メキシコ)
インテルはなんと15名!※内8名が出場
サネッティ、カンビアッソ、サムエル、ベロン、フリオ・クルス、ソラリ、キリ、プルディソ(アルゼンチン)
レコバ(ウルグアイ)
アドリアーノ、フリオ・セーザル、セザール、ゼ・マリア(ブラジル)
コルトバ
ピサーロ(チリ)
すげ~!こうやって見てみると、改めて南米サッカーの強い理由がわかりますなぁ。このチーム以外にもバルサ、ミランにも南米選手が沢山いますよね。セレソン、アルヘン色の強いチームが勝ち残った事がなんだか不気味だ。

と、南米オールスターズ対決はアルヘン:リケルメのMUY BUENOな活躍で見事にビジャレアルがインテルの分厚い壁を破り、見事勝利!
この試合を生で見てましたが、いや~もうヒヤヒヤもんでした。1stレグのあのアウェイゴールが無かったら...考えただけでも恐ろしい。あのアウェイゴールが試合に影響したのは間違いない。試合後マンチーニ監督も「波に乗れなかった」とコメントしてましたし。そしてリケルメ以外にもソリン、タッキナルディが中盤でいいプレーをし、インテルに隙を見せなかった。インテルはアドリアーノが完全に消えていた。やや「守備」思考だったのもありますが、この日のリケルメは誰も止められなかったです。先制点もリケルメのFKからだったし。いや~もう彼は絶好調です☆
そして、CLベスト8進出チームの中で一番小さなホームタウンの”エル・マドリガル”に詰めかけたファンと選手が一体となって試合を闘ったのも勝因と思いました!
「さぁパリに行こう!」とこの試合前からファンがずっと歌っていたそうです♪
そしてこの歌声はパリまで続くような気が凄くします。 

そしてバルサvsベンフィカ

この試合もかなり燃えました!試合後寝れなかったし...
1stレグ「0-0」というスコアでベンフィカはアウェイゴールを狙うカウンター攻撃を何度もしかけてきました。でも、この日はカピタンプジョルが復活!なのでことごとくチャンスを潰されてましたね!そして同じ守備でもバルサには陰の功労者「イニエスタ」もかなりいい働きでベンフィカの攻撃の目を潰してました。
ボール保持率が一時79%になる程、試合はバルサペースでした。
でも、ベンフィカの守備にかなり手こずりました。GKのスーパーセーブ&セレソン:ルイゾンもかなり効いてましたね。彼がバルサにいたら...って思ってしまった。ははは
でもね、バルサの攻撃はやっぱ凄い!
ホナウジーニョはPK失敗後、平常心を取り戻し、失敗を打ち消すMUY BUENOなGOLを決めたし。いや~やっぱりバロンドーラーは大舞台でしっかりと結果を出します!そしてこのGOLの裏にはエトー&ラーション2人のパスと動きのおかげもありました!これぞ「最強バルサ」って感じです。
そしてその後、手に汗握り、なかなか安心できずにこの試合を見ていたら、エトーの前線からの守備で奪ったボールをホナウジーニョ~ベレッチ~そしてエトーと渡ってエトーがシュート!!!GOOOOOOOOLLLLLLLLL!!!やっとダメ押し点が決まりました!
この時全世界のバルセロニスタは発狂したことでしょう~GONZAは発狂しました
こうなったらベンフィカもTHE ENDでしたね。シマオのあのシュータが決まっていたらわからなかったけど...(外してくれてありがとう!さすが元バルサ!)

と、見事にLIGA勢2チームがベスト4進出!
しかもビジャレアルは初出場、初ベスト4ですからね!
これはもしかしたら決勝はスペイン対決になるかも!?

あ~早くみたいよ~





【2006/04/07 03:03】 チャンピオンズリーグ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
★☆人気blogランキング★☆
色んなBLOGがありますよ~チェック!Gonzaも参加中!
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • 管理人名: Gonza21
  • PROFILE
    HOLA! GONZAなりの解釈で記事を書いてます。翻訳ミスしている箇所も多々あるかと思います(汗)
    pero..."GANZA的"解釈なんでご理解してお読み下さい。
    コメント残してfutbolを語りましょう!管理人はあまりかきこしませんが...

    ■私のHP

    REALMADRID BLOG
    ギャラクティコなBlogです♪
    マドリー来日記念パーティの様子など書いてます!
    マドリー情報はこちらになります!

    BBS
    よければ足跡を残してみて下さい!
info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。